マルセイユの70才の家主の女性に教わったフランスのオシャレ

フランスの西部、ナント郊外に住む専業主婦です。

フランス人夫とのあいだに3歳の息子と1歳の娘がいます。

30歳のときに働いていたIT系の会社を辞めて、フランスでワーキングホリデーをしました。

最初は日本人の知り合いのアパートに居候したのですが、現地で部屋を探し見つけたのがマルセイユの中心にある大きな一戸建てのなかの一室でした。

その家のオーナーは70歳の女性だったのですが、彼女のファッションや考え方が素敵で参考になることがたくさんありました。

建物は3階建てで、1階部分に30名くらいは座れそうな大きなリビングと彼女の寝室、客間がありました。

私はその客間を利用したのですが、トイレとシャワーが付いていて、ほとんど独立したアパートのように生活することができました。

キッチンは彼女と共有し、ちょうどいい距離感で、フランスの女性の生き方やファッションを観察することができました。

まず、ファッションは自分の好きなもの、似合うものをよく理解していると感じました。

背は170センチ近くあり、痩せ型の彼女は細身のワンピースがよく似合います。

外出せずに家にいる日も、孫と遊ぶ日も、彼女はワンピースで過ごしていました。

日本の70代の女性なら絶対に着ないような、白地に青い水玉の膝丈のワンピースも彼女が着るとまったく違和感はありませんでした。

それは彼女のキャラクターや心の若さに、軽やかなワンピースがしっくり来るからだと思います。

彼女が通るとワンピースの裾がひらひら揺れて、甘い香水の香りがしてこちらまで明るい気分になりました。

髪の毛は月に1回必ず美容院でカラー、カットを行い、体の保湿ケアも丁寧に行っていました。

裕福な家の人なので帽子や靴、カバンなどの小物類もすべてが上品で、クリスマスパーティーのときに真っ赤なミニドレスを着ても、ケバい印象はまったくありませんでした。

彼女は朝は苦手で9時ごろにやっと起きてシャワーを浴びるのですが、シャワーの後にバスローブ姿で歩いていると、女性の私でもどきっとするようなセクシーさがありました。

裸にバスローブ、靴も履かずに庭に出てパンをかじりながらコーヒーを飲んでいる姿は映画のワンシーンのようで素敵でした。

少女みたいなかわいらしさも大人の女性としての自信も感じて圧倒されました。

今の私がやってもチンチクリンになってしまうと思うのですが、フランス人女性の飾らない色気はいつか身につけたいと思いました。

日本にいると周りの人の目が気になって自分のしたい服装ができないと思います。

私も日本に住んでいたころには、ファッション雑誌を買って流行を研究したり、ワンシーズンしか着ることのできないデザインの服を買ったりしていました。

しかしマルセイユで彼女を見て、本当に自分の好きなものを見極めて、周りに流されずに我が道を貫くのが、本当のおしゃれではないかと思うようになりました。

彼女のような気迫と自信があれば、70代でもミニワンピースだって着こなせます。

もちろん大人の女性に合った上質な小物を使うことも重要ですが、努力しだいで好きなものは似合うものになっていくと思います。

彼女はワンピースに合わせて毎日ハイヒールを履いていました。

孫と走るときも掃除をするときも10センチ位のヒール靴だったので、最初のころは転ばないか心配だったのですが、慣れてヒールも体の一部になっているようでした。

当時、私はフラットシューズばかり履いていて、一度歩きにくくないのか彼女に聞いたことがありました。

彼女は歩きにいに決まっていると笑いながら答えました。

歩きにくくても足が痛くても、ヒール靴を履き続けるところに彼女のプライドを感じました。

ワンピースにヒール靴というのが彼女のスタイルで、それをいつまでも貫くのが彼女の美学なんだと感心してしまいました。

私も彼女を見習ってヒール靴を履くようになりました。

子育て中なので足は痛み、途中で脱ぎたくなることもありますが、彼女のような女性らしさや色気を身につけるためには我慢も必要だと思っています。

もちろん、70歳になってもヒール靴でシャキシャキ歩ける体を保つことも大切だと思います。

フランス人は毎日ヨーグルトやチーズなどの乳製品を食べているので、骨が丈夫なのかもしれません。

まとめると、自分の好きなスタイルを見つけて確立すること、上質な小物を使うこと、おしゃれを楽しめる体を保つことが、彼女から得られたファッションのアドバイスです。

私の母もそうなのですが、日本では女性は中年になると、暗い色の服を着てわざと老けて見えるようにしていると感じることがあります。

本当に好きな服を着て、何歳になっても自己流のおしゃれを楽しんだほうが長い人生を有意義に使えるような気がします。

Author: クネル(36 female)

ドリュー・バリモア。荒れた少女時代があったからこその今。ドリュー・バリモア。荒れた少女時代があったからこその今。

関連記事

  1. Anne_Hathaway_in_2016

    アン・ハサウェイの気迫のこもった演技に脱帽した

    アン・ハサウェイの出演映画で初めて観た作品は「プラダを着た悪魔」です。「プラダを着た悪魔」は…

  2. ドリュー・バリモア。荒れた少女時代があったからこその今。

    ドリュー・バリモア。荒れた少女時代があったからこその今。

    ドリュー・バリモアと言うと、「チャーリーズ・エンジェル」への出演が一番記憶に残っています。「…

  3. スカーレット・ヨハンソンは私にとって人生。

    スカーレット・ヨハンソンは私にとって人生。

    私はスカーレット・ヨハンソンが大好きです。(以下スカヨハ)私がスカヨハと初めて出会った(出会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP