スカーレット・ヨハンソンは私にとって人生。

私はスカーレット・ヨハンソンが大好きです。(以下スカヨハ)

私がスカヨハと初めて出会った(出会ったといっても映画でですよ)のは、2010年公開のロバート・ダウニーjr.主演の「アイアンマン2」だ。

ナターシャ・ロマノフ 役で出演した彼女がスクリーンに現れたとき衝撃が走ったね。

なんて美しい人なんだとね。

今までたくさんの映画を観て、たくさんのハリウッド女優を見てたはずなのに、彼女はずば抜けて輝いてみえたよ。

美しいだけではなく、アクションもすばらしいのだ!

切れのある動きに、疾走感のある迫力の戦闘。感動したね。

アクションといえば、ミラジョボビッチみたいなイメージでいたが、彼女のアクションのほうが私は好きだ。

それがきっかけとなり、今や大人気のmarvel作品にもハマってしまったほどだよ。

もちろん彼女の過去の作品も観たよ。

「アイランド」「ブラック・ダリア」「私がクマにキレた理由」「そんな彼なら捨てちゃえば?」

彼女はアクションだけではなく、コメディ・恋愛モノなんでもできちゃう素晴らしい女優だった。

marvel作品にハマってしまった私は、お祭りのように大盛り上がりした2012年公開「アベンジャーズ」に再び出演するということでとても楽しみにしていたんだ。

前情報などすべてをシャットダウンして公開を待ちにまったよ。

そして運命の日、スクリーンで事件が起こりました。

「だれだきさまは!!!!!!!!」

私は違う映画を間違って観に来てしまったのか?

それとも目がとてつもなく悪くなってしまったのかと疑ったね。

そこには「アイアンマン2」のときにスラッと痩せていて、かっこいいお姉さまだったスカヨハの面影はなく、ムチっとした体型の彼女がいたのだ。

「アベンジャーズ」ではピッタリとしたスーツを来て戦うのだが、故に目立つのだ、明らかなに太ったなと!!!!!

下腹が少し出ているんじゃないか?と思う程の変わりようだった。

私の好きだったスカヨハは消えた。ちくちょー!!っと落胆したね。

その後の「ウィンターソルジャー」「エイジ・オブ・ウルトロン」「シビル・ウォー」では、すらっとしたスタイルに戻っていたので、彼女はたまたま太っていただけなのだろうか。

大好きな「アベンジャーズ」のときに太っていたのはかなり残念だが、彼女も人間。

しょうがないよね。

その後、妊娠、出産なども経験し、歳も重ねたことによって、近年の作品では少し歳を感じる見た目になって来ている。

それでも美しいのには何も変わらないんだけどね。

映画は散々な出来だったが「ゴーストインザシェル」に少佐役で抜擢されたときはたまらなかったね。

作品(原作)も好きだし、女優も好き。

少佐にビジュアルが公表されたときは感動ものの美しさだったよ。

ただね・・・脚本に負けたよ。脚本が駄目すぎたよ。

まったくスカヨハをいかせていない脚本・・・下手に日本人をキャスティングするし・・・すごく残念だったね。

彼女の代表作になるかと思ったけど、黒歴史になってしまったようだ。

ただね、こんなにスカヨハのことを絶賛しているが、何回みてもどんなふうにみても美しくみえないスカヨハがいるんだ。

そう!!「ラックス スーパーリッチシャイン」に出演しているときのスカヨハだ!!あれも目を疑ったね。

「えっ!?まさかこれスカヨハ?いや、そんなわけないよね。こんなにブサイクだし・・・」

神に祈りましたよ。私の大好きなスカヨハでありませんようにと。

調べたらスカヨハでしたよ。

なんであんなにブサイクに撮ったんだ?

あぜあれでGOサインがでたんだ?

もう小一時間責任者に問いただしたいね。

あのCMのスカヨハだけは好きになれないんだよね。

色々いったけど、スカヨハは最高に美しいハリウッド女優だよ。

Author: S.I 35 male
Photo: https://en.wikipedia.org

Anne_Hathaway_in_2016アン・ハサウェイの気迫のこもった演技に脱帽した

ドリュー・バリモア。荒れた少女時代があったからこその今。ドリュー・バリモア。荒れた少女時代があったからこその今。

関連記事

  1. ドリュー・バリモア。荒れた少女時代があったからこその今。

    ドリュー・バリモア。荒れた少女時代があったからこその今。

    ドリュー・バリモアと言うと、「チャーリーズ・エンジェル」への出演が一番記憶に残っています。「…

  2. Anne_Hathaway_in_2016

    アン・ハサウェイの気迫のこもった演技に脱帽した

    アン・ハサウェイの出演映画で初めて観た作品は「プラダを着た悪魔」です。「プラダを着た悪魔」は…

  3. マルセイユの70才の家主の女性に教わったフランスのオシャレ

    マルセイユの70才の家主の女性に教わったフランスのオシャレ

    フランスの西部、ナント郊外に住む専業主婦です。フランス人夫とのあいだに3歳の息子と1歳の娘が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP